脳動静脈奇形の症状はどんなの?脳に起こる病気

年間2%~4%の人が発症する

脳動静脈奇形の症状は、出る人と出ない人がいます。症状が全く出ない人は、特に問題ありません。しかし、年間2%~4%の人が脳からの出血を起こしています。そのため、用心する必要がありますし、症状が起きないようにする努力も大切です。ここでは、脳動静脈奇形の症状について紹介します。

血管の異常によって起こる病気脳動静脈奇形

正常な血管状態ではない?

脳動静脈奇形は、脳の血管に異常が起こる病気です。本来、血管は枝分かれした動脈から毛細血管へと変わっていきます。毛細血管は脳に多くあり、酸素と栄養を運ぶ大切な役割があります。しかし、脳動静脈奇形になると一部の毛細血管が上手く分かれなくて異常な血管状態になります。

動脈と静脈が直接繋がる

異常な血管になる脳動静脈奇形は、動脈と静脈が直接繋がってしまうことです。動脈と静脈が繋がってしまうと動脈の圧力が静脈に加わり、血液が酸素と栄養を正常に運べない状態になります。

脳で出血する恐ろしい症状

脳動静脈奇形の症状が起こると脳で出血が起こります。脳に出血が起こることは、場所によってくも膜下出血による頭痛や嘔吐、意識障害や運動障害など起こりだします。場合によっては、後遺症が残るほどの重度の症状になることもあります。

症状について知る

定期的に検査を行なうのが大事

早めに脳動静脈奇形を発見したいのなら、MRIなどの検査を受けることをおすすめします。また、最近頭痛が続くなと思うのならすぐに病院へ行き検査を受けましょう。その時にできるだけ早く脳動静脈奇形を発見できるかもしれません。

事故などでケガした時に発見することも

脳動静脈奇形を発見するために検査を受けようといっても、検査するにもお金がかかりますし、特に頭痛などの症状が無い場合は検査しないでしょう。そういった人は、事故に巻き込まれた時に発見することもあります。

放置は絶対にしてはいけない

脳動静脈奇形の発見は、早ければ早いほど重い症状が起こるリスクを低くできます。しかし、人によっては脳動静脈奇形だとわかっていても放置する人もいます。後のことを考えたら危険なので、早めに治療を受けることをおすすめします。

広告募集中