確実に脳動静脈奇形を治すなら治療を受ける

自分に合った治療を受けられるように

脳動静脈奇形の治療方法は、3つあってそれぞれ異なる方法です。体の状態や症状に合わせて治療を受けることになりますが、具体的な方法を事前に知っておけば、安心して治療を受けられるでしょう。

3つの治療法

開頭手術

開頭手術は、頭を開いた後に脳動静脈奇形の部分を摘出する方法です。脳動静脈奇形の本体は脳細胞の栄養に関係ないので摘出しても問題ありません。脳動静脈奇形がある部分よって手術の難易度が上がりますが、腕の良い医師なら安心して任せられます。

放射線治療(ガンマナイフ)

手術治療が困難な時に行なう脳動静脈奇形の治療です。放射線治療の中でもガンマナイフを用いた方法は、小さな病変を正確にかつ集中的に治療できるので脳動静脈奇形の部分を閉塞できます。

カテーテル手術

カテーテルと呼ばれている細い管を脳に通して、病変のある血管まで誘導します。そして、カテーテルを介して塞栓物質を脳動静脈奇形がある血管に送りこみ、血管を塞ぐことができます。この治療は、ガンマナイフと併用して行なうこともあります。

薬による治療はない?

脳動静脈奇形は、薬による治療はありません。出血を直接防ぐことが一番効果的な方法なので、上記のような治療が最適です。脳動静脈奇形だと言われたら、3つのうちのどれかになるので医師と相談して、自分に適した治療を受けられるようにしましょう。

広告募集中